ファイル転送

ファイルサイズやデバイスを問わず、誰とでも素早くセキュアにファイルを共有

ストレスフリーなファイル送信

Boxは、この上なくシンプルなファイル転送を可能にします。リンクをメールで送信するか、Boxから直接共有する方法で、あらゆる種類・サイズのファイルを、誰にでもセキュアに転送できます。Boxアカウントを持っていない相手への送信も可能です。大容量の動画や高解像度の画像、グラフィックを多用したプレゼン資料の共同作成を行うときに、サーバーの容量やメールの添付ファイルの上限サイズを意識する必要はありません。受け取り側がファイルを開くためのソフトウェアを持っているかどうかという懸念も不要です。Boxのプレビューは120種類以上のファイルタイプに対応しており、ファイルをダウンロードせずに閲覧できます。

シンプルでセキュアなファイル転送

Box上のファイルやフォルダはセキュアに保護されており、社外の関係者とのコラボレーションにおいても、共有・転送するファイルを含む全コンテンツが所有者の管理下にあります。Boxでは、ファイルやフォルダに7段階の権限レベルを設定できます。リンクの有効期限やダウンロード制限の設定も可能です。このような機能により、Boxは、オンラインのファイル転送をシンプルに、低リスクにしています。もうメールで添付ファイルを送信する必要はありません。FTPによる転送も不要です。

この上なくシンプルなファイルリクエスト

Boxのファイルリクエストは、社内外の相手からのコンテンツの受け取りを容易にします。受け取り側は、相手にフォルダのリンクを伝えるだけ。ファイルの提供者は、受け取ったリンクにアクセスし、ファイルをドラッグアンドドロップして送信するだけです。ファイルの提供者が 「送信」をクリックすると、受け取り側に通知が届きます。Boxのファイル転送は、シンプルで高速です。ファイルのタイプやサイズを気にすることなく、複数の相手からファイルを収集し、プロジェクトやタスクを遂行できます。

Toyota (North America)のロゴ

「生産効率の向上とイノベーションの促進を可能にするテクノロジーを社員が利用できるようにすることは、とても重要です。Boxの導入によってセキュアな共有とコラボレーションが可能になりました。Boxは、私たちにとって、ビジネスの成長のための新たな発見に欠かせないツールとなっています。」

Toyota North America グループVP兼CIO Zack Hicks氏

Boxはさまざまな場面で利用されています

ファイル共有
ファイル共有

コンテンツをリアルタイムで共有し、迅速なコラボレーションと業務効率向上を可能に

詳しく見る
大容量ファイルの送信
大容量ファイルの送信

Boxリンクで大容量ファイルを送信する方法

詳しく見る
クラウドストレージ
クラウドストレージ

ファイルをオンラインで保存、デバイスを問わずアクセス

詳しく見る

FAQ―よくある質問

ファイル転送とは?

ファイル転送とは、ネットワークまたはインターネット接続を介して、ファイルを別の場所にコピーまたは移動するプロセスです。ファイル転送によって、ローカルまたはリモートでのユーザー間のファイルの共有や送信が可能になります。ファイル転送は現在、クラウドを介したオンラインでの処理が主流になっています。

大きなファイルを送信するにはどうすればよいですか?

Boxでは、大容量ファイルを誰にでも送信できます。Boxアカウントを持っていない相手への送信も可能です。また、送信の際にファイルに変更を加える必要はありません。zipやcompressなどによる圧縮も不要です。ファイルの共有リンクを作成し、簡単なステップで権限レベルをカスタマイズして、Boxから直接共有するか、リンクをコピーするだけです。素早く容易にファイルを送信できます。

Boxのファイル転送サービスで送信できるファイルサイズに上限はありますか?

Boxにアップロードできるファイルサイズの上限はアカウントの種類によって異なり、250 MB~150 GBです。お使いのアカウントでの上限サイズを確認する手順は、こちらのページをご覧ください。

スマートフォンやタブレットからファイルを送信できますか?

できます!iOS、Android用のBox Mobileアプリを利用することで、同僚や顧客、外部の取引先やパートナーとの間でセキュアなファイル転送が可能になります。

別のコンピュータにファイルを転送するにはどうすればよいですか?

別のコンピュータへのファイル転送は、Boxでのファイル共有と同じように簡単です。こちらのページの手順に従って共有リンクを作成し、権限レベルをカスタマイズして、Boxでリンクを直接共有するか、リンクをコピーしてメールやチャットで共有するだけです。

さっそく試してみませんか?