ファイル共有

ファイルの種類やサイズを問わず、ファイアウォール外でもセキュアに共有

ファイルやフォルダを誰とでも容易に共有

クラウド上のコンテンツの共有は簡単です。リンクを作って相手に知らせる、あるいは、Box上で直接共有できるように設定することで、容易にファイルを共有できます。zip圧縮したフォルダ、大きなサイズの画像や動画など、あらゆるサイズのファイルを社内外の誰とでも共有できます。もう大きなサイズの添付ファイルをメールで送信する必要はありません。メール添付のセキュリティ問題も解消されます。また、Boxでは、Word、Excel、PDF、Zip、PSDをはじめとする120種以上のファイルを、ダウンロードせずにプレビューできます。

時や場所を選ばずアクセス

クラウドでのファイル共有は柔軟性が特長です。小さなものから大きなファイルまで、容易に共有・閲覧できます。Boxでは、デスクトップ、ラップトップ、iOSやAndroidなどのモバイルデバイスを問わず、あらゆるタイプのファイルを相手に送ることができます。受け取り側は、Boxアカウントの有無に関わらず、どのデバイスからでもプレビュー、編集、コメント、送信、ダウンロードができます。

全員で同じページを共有

クラウドの共有ワークスペースで、ファイル共有はシームレスになります。組織の内外を問わず、重要な業務における迅速なコラボレーションが可能になります。一元化されたクラウドストレージでバージョン管理の問題を回避し、常に最新バージョンのファイルを使用できます。古いバージョンのオンラインファイルを編集してしまうような事態を未然に防ぎます。Boxは、バックアップの機能も備えており、共有ファイルが更新された場合には自動的に同期するため、関係者全員が最新版にアクセスできます。

セキュリティとコンプライアンスの要件を満たすファイル共有

クラウドソリューションであるBoxでは、情報漏えいの防止とオンラインでのファイル共有の厳格な制御が可能です。7段階の権限レベルと、フォルダやファイルのアクセス管理機能により、ファイルが常に適切に扱われます。共有の有効期限設定、パスワード保護のオプションや、ファイルへのアクセスを、"リンクを知っている人"、"会社のユーザー"、"招待されたユーザー" のいずれかに限定する機能も備えています。BoxはHIPAA、FedRAMP、FINRAなどの規制にも準拠しており、あらゆる条件下でコンプライアンスを維持できます。より詳しいBoxのセキュリティ機能についてはこちらをご覧ください。

クラウド・コンテンツ・マネジメントの役割

Boxは単なるファイル共有サービスではありません。Boxは、あらゆるコンテンツを一か所に集約して管理、保護、共有、制御を容易にし、業務プロセスの効率化とスピードアップに貢献します。Boxは多くの主要な業務アプリと連携しており、コンテンツは、クラウドで保護されていると同時に、現行の業務アプリでも使用できます。また、Boxは、社内ユーザーおよび社外パートナーとのコラボレーションを容易にします。全ての人、情報、アプリケーションをつなぐ、シンプルでセキュアな方法。それがクラウド・コンテンツ管理です。

FAQ―よくある質問

ファイル共有とは何ですか?

ファイル共有とは、ファイルを他者と共有することを意味し、従来は、FTP、フラッシュドライブ、電子メールへの添付といった方法で行われていました。今日では、クラウドを介したファイル共有が可能になっています。Boxのクラウド共有サービスでは、クラウド上のファイルへのリンクを共有するだけで、実際のファイルを送信する必要がありません。Boxにアップロードした文書は暗号化されるため、コンテンツは保護されます。

ファイルを共有するにはどうすればよいですか?

Boxで簡単にファイルの共有ができます。 Boxに保存されているコンテンツのリンクをコピーして、そのリンクを相手に知らせるだけで、組織内外の相手との共有が可能です。共有リンクは、どのデバイスからでも作成できます。Boxで直接、あるいはメールやチャットを介して相手に知らせられます。

フォルダを共有するにはどうすればよいですか?

Boxでは、フォルダの共有も簡単です。もちろん組織内外の相手と共有できます。共有リンクは、どのデバイスからでも作成できます。直接、あるいはメールやメッセージを介して相手に知らせられます。

ファイル共有は違法ですか?

いいえ、違法ではありません。ファイルを共有することは合法的な行為です。ただし、著作権者の明確な許可を得ずに著作物を他者と共有することは違法行為となり得ます。

ファイルやフォルダは誰と共有できますか?

Boxでは、組織内だけでなく、外部のパートナー、ベンダーともファイルやフォルダを共有できます。Boxでは、コンテンツのセキュリティを重視しており、共有権限を詳細に設定できるようになっています。共有する相手や組織に応じた設定が可能です。

さっそく試してみませんか?